2017年6月14日水曜日

梅雨時病

梅雨時病

梅雨入りしたにもかかわらず、からっとした晴天が続いています。
気分はよく有り難いはずなのに、体調を崩されている方が意外に多いです。

梅雨入り前まで、真夏の蒸し暑さだったのが、ここのところの乾燥した西風と朝晩の気温低下で、体表面の湊理が閉じてしまったために、体は汗をかけなくなり、熱と湿を溜め込みやすくなっています。

その結果、下半身が冷えて上半身がのぼせることによる、めまい、フワフワ、動悸、息切れ、耳鳴り、頭がボウッ~とする感じなどに悩まされる方が増えています。
また、消化管に余分な水分が停滞して、下痢や軟便を繰り返す症状もとても多いです。

人だけでなく、我が家のニャンズも軟便、吐き戻しなどの症状が入れ替わり立ち替わり見られます。

この時期のお助け食材は、スイカやマクワウリなどの瓜類です。
利尿効果があり、体の余分な湿熱を上手く利水してくれるので、体の重だるさがスッキリします。
冷え性の方は、冷蔵庫で冷やさずに常温でいただいてください。

さらに、トマト、キュウリなどの夏野菜をスープに入れたり、炒め物にしたりして、火を通すことにより、体を冷やす働きは低下して、利尿効果が高まるので、体が浮腫んで冷えている方にお勧めです。

漢方では、タンポポ茶や升降丹などがお勧めとなります。

足が冷えてむくみ、頭がフワフワして眩暈がする人は、足湯をしたり、足首を雑巾絞りするようにマッサージして、足を温め刺激し、上下の気を巡らせてください。
これで、この時期の大半の不調は取り除けますよ♪

2017年6月8日木曜日

コーヒーとのお付き合い

コーヒーとのお付き合い

薬局店頭でよくご相談を受けるのが、”コーヒーはのんでよいですか?”というもの。

コーヒーというと、カフェインが多くて良くないのでは???
という話しになりますが、カフェインは緑茶や紅茶にもたくさん含まれていますからね・・・。

コーヒーが飲みたいのだけど、コーヒーを飲んで、イライラする、動悸がする、眠れなくなる、肩が詰まってくる・・・などの血流障害を感じる方や、高血圧を気にしておられる方は、デカフェ(カフェイン抜きのコーヒー)にされれば良いと思いますよ。

私は大のコーヒー好きで、お酒は止められても、コーヒーを止めるのは辛いです。
私の場合コーヒーは
1,朝の気持ちをシャキッとさせる
2,仕事の集中力を高める
3,夜はリラックスモードで寝付きをよくする
などの理由で、1日3~6杯くらいはいただいています。

今日はコーヒーについて、カフェインではなく、クロロゲン酸(抗酸化作用の強いポリフェノール)の作用についてご紹介してみたいと思います。
コーヒーに断然多く含まれているのがクロロゲン酸で、コーヒーの複雑な旨みと香りの元になるものです。

クロロゲン酸は、細胞の酸化を防ぐポリフェノールの1つで、抗酸化、頭痛などの痛み防止作用の他、酸化防止による老化の抑制の働きを持っています。

さらに、糖尿や、コレステロールが高い方に朗報です。
食前にコーヒーを飲んでから、食事をすると、血糖値の立ち上がりを抑制します。
これは、クロロゲン酸が、糖質分解酵素の働きを抑制すること、腸管からのブドウ糖の吸収を和らげること・・・によるようです。
また、肝臓での脂肪燃焼を亢進させ、エネルギーを作り出す力を作り出します。

デスク仕事の方や、メタボを気にしておられる方は、食前や食事中、間食前などにコーヒーをブラックで飲まれるとよいかと思います。
胃に来る方は、アメリカンや薄めのドリップで。
どうしても抵抗があれば食後でもかまいません。

クロロゲン酸は、深入りのローストタイプでは少なくなりますので、浅煎り~中煎りのグアテマラや、モカマタリ、ブルーマウンテンなどがお勧めです。
インスタントよりも、やはり新鮮な豆をドリップしたものをお勧めします。
勿論、デカフェでもクロロゲン酸は含まれているので大丈夫です!!!

2017年5月24日水曜日

日本人に多い痰湿、痰熱体質

日本人に多い痰湿、痰熱体質

日本は海に囲まれて湿度が高いこと、刺身や海藻など生ものを多食することなどで、体に余分な湿気を溜めやすい民族と言われています。
水分代謝が悪く、体内に滞った余分な水分を痰湿といい、熱を帯びたものを痰熱といいます。
これらの水分代謝障害を、東洋医学では水毒といい、様々な不快症状をもたらします。


典型的な水毒症状は???
関節が重だるい 咳やゼロゼロした痰が出る むくみ 水太り 脂肪太り セルライト 重くだるい腰痛や肩こり 不眠 化膿症 乳ガン リンパ節の腫れ 甲状腺の腫れ グリグリ ガングリオン しこりやおでき 眼球突出 メタボ 食欲不振 動悸 眩暈 胸苦しい 頭がスッキリしない・・・等々。

これらの水毒症状を解決する方法は、活血(血流をよくすること)と化痰(体内に停滞した水分を取り除くこと)です。
これには、穿山薯預という漢方が非常に有効で、穿山薯預は生薬の中でも、活血と化痰の働きを併せ持つ非常に珍しい漢方です。
水毒症状は、それそのものに病状が長引き治りにくい・・という粘滞性質がありますが、穿山薯預を3ヶ月以上服用することで、気になるしこりが消えて手術を免れた方、メタボ検診がクリアーできた方、バセドウ病による眼球突出がへこんだ、長引く咳痰が治まった等、多くの喜びの声をいただいています。

2017年5月17日水曜日

リズムで体調が整う

リズムで体調が整う

人が病気になったり、気持ちが沈んでやる気がなくなってしまったり・・・という時には何らかの加減でその人の体内リズムが壊れていることが多い。
リズムがうまく整っていると、少々のストレスがあっても、素早く復元できる。

体調を崩している人は、1日の生理リズム(起床、排泄、食事、活動、就寝)のパターンを再度構築して、なるべく大きくずれないように実行されるとよい。
起床や就寝時間、食事時間があまりにもバラバラだと、体の代謝リズムというのも整いにくい。
そういった意味で、昼夜三交代勤務などは、年齢と共に体に堪える職業だと思うけれど、それもある程度パターン化出来ていると、人の体は適応出来るように出来ているので、たいしたものです。

次に、仕事のペースや、遊びのペースなども、やはり自分のリズムというのがあり、全くリズムが合わない方と一緒に行動したり、相手のペースに合わせすぎていると、自分のリズムが崩れて、体調を壊しかねないので、常に自分の位置に戻ってくることも大切です。

そして、三つ目は、壊れているリズムを素早く取り戻す方法!!!
それは、リズム運動です。
例えばウォーキング・・・かかとに定期的に加重がかかることにより、体内リズムがうまくリセットされ、ホルモンなどの内分泌系統もうまく働き出したり、歩くリズムにより、セロトニンが放出され、知らない間に気鬱などが改善されやすくなります。
悶々と悩んでばかりいる人は、頭ばかり充血し、手足の筋肉を働かせるリズム運動や作業を嫌う傾向にあります。

ウォーキングばかりでなく、ダンスや、歌いながら踊る、楽器を演奏する・・・などもとても効果的です。
特にリズム楽器・・・打楽器、ギター、ベース、ピアノなどお勧めですよ♪

2017年5月6日土曜日

薬草蒸しの効用

野草蒸しの効用

心と体をリラックスさせて免疫力をアップするお手当ての1つに野草蒸しがあります。

ヨモギや、スギナ、ドクダミなどでなくてもOK・・・野草の種類は問いません。
田んぼの畔などに咲く、朝の露ぶいたフレッシュな野草を大きなざるに一杯摘んできて、軽く水洗いして、厚手の綿袋に詰めます。

多少、土がついていたり、犬の尿などがついていたりするかもしれませんが、それも自然のものなので、ヨシとする勇気をもってください。
そして、綿袋のまま、蒸し器に入れて10分程度蒸し、蒸し上がった袋ごと、バスタオルなどでくるんで、お腹に乗せたり、背中の督脈に当てたりします。

野草の生命力はとても強いものです。
植物は動物と違って、動くことが出来ない分、様々なホルモン様物質を出して、生命力を高めます。
自然に身を任せ、自然に包まれて、自分も自分らしさを取り戻して、自然の一部として生きることが、生命力を高めることにつながります。
その温かさと、アロマを存分に楽しんでくださいね。

ここ大垣近辺の皆様は、大垣市波須の田辺温熱さんの薬草温熱蒸し風呂も体験してみてください。
伊吹薬草の効能高い蒸気が、樽の下から蒸し上がり、下半身から気持ちよく温まります。

子宮や、腎、膀胱経の病気の方、赤ちゃんが欲しい方、更年期の症状が辛い方には特にお勧めですヨ♪

2017年4月25日火曜日

生命を育む愛

生命を育む愛

2月の”がん治っちゃったよIN福山”についで、ここ大垣の地(田辺温熱保養所さん)で、二度目の杉浦タカさんのトーク&ライブを聴きました。
タカさんのライブは何度聴いても新たな感動があり、生きるためのスイッチが入る人が続出するのも、腑に落ちる。

生き物は本当は、寿命が来るまでは、生きることが出来るのだと思うけれど、幼い頃からの環境で、自分を傷めつけるライフスタイルが、潜在意識的に植え付けられてしまうと、知らず知らずのうちに、生命力を削ぎ落とす行為をしてしまう。

私もそうだったけれど、多くの日本人は
”欲しがりません!!!勝つまでは!”
”人に負けるな、追いつけ追い越せ”
”辛くても、ベソをかくな!歯を食いしばって頑張れ”
”愚痴を言うな!心は辛くても顔では笑え!”
などと教育されてきたのではないでしょうか?

幼い頃に、このような教育をされていると、”今のままの自分では全くダメ、もっともっと頑張らねばダメだ”
”頑張らない自分は認められない(愛されない)”
”遊ぶこと、楽しむことは罪悪・・・・とにかく努力しまくらねば・・・”
と、体が悲鳴をあげていても、心の辛さに気づかない・・・何故か?・・・それが当たり前だと教育されているから・・・。
これが長く続くと、致死的な病気を発病する・・・・いわば、病気にでもならないと気がつかない。

私は、生命を育む物は、無償の愛だと思う。
母親なら誰しも、我が子に頬ずりをし、”あなたがこの世に存在するだけで、幸せ!”

と思う瞬間を経験しているでしょう。
例え出来が悪くても、やんちゃでも、手放しに愛おしい。

その愛こそが、60兆個の細胞を輝かせ、生きるエネルギーをもたらすのでは???
”大丈夫!いつも愛してるよ、どんな困難もちゃんとあなたなら乗り切れる!”
と自分を信じて、愛してあげましょう。
あなたの大事な家族にも同じ気持ちで接しましょう。
全ての生き物や、あなたの苦手な人にもそんな気持ちで接してみたら・・・・生命力は泉のように湧いてくる。

人を嫌うこと、傷つけること、否定することは、自分を傷める事と同じ・・・。
何故なら、脳は自己と非自己を区別することは出来ないので、他人に向けた感情でも嫌な感情は脳を疲弊させ、すべて我が身に返ってくるしくみ・・・。

今日、タカさんは、熱弁と熱唱で、皆さんに愛を注いでくれましたね。
私達も、同じようにこの愛の輪を拡げ、1人1人の命をより大きく丈夫に育んで行きたいですね♪

2017年4月11日火曜日

気象シンドローム・・・重だる脚

気象シンドローム・・・重だる脚

3月の終わりから、しばしば脚のだるさに悩まされ、夜中に脚を上に上げてゴキブリ体操をしている。
糖尿病や肝臓病でもなく、激しく筋肉疲労したわけでもない。
しいていえば、毎日ほぼ立ち仕事か、腰掛けに座った状態で仕事していて、ここのところ運動量は少なめかも・・・。

調べてみた結果、重だる脚は、気象シンドロームとも呼ばれ、20~40代の8割以上の女性が悩まされており、3月から急上昇し、6月にピークを迎え、9月の末頃から減り始める・・・ということ。

これには、3月を迎えると徐々に平均気圧が下がり始め、逆に気温と湿度は上昇しはじめることが、大きく関係しているとのこと。

★気圧が下がると、外圧が低下するために、脚の筋肉がゆるみ、ポンプ力(筋肉により血流を心臓に戻す力)が低下し、むくみ、老廃物が溜まりやすくなる

★湿度が高くなると、汗が蒸発しにくく、水分が貯留しやすくなる

★気温と湿度が高くなると、自律神経の調整が乱れ易く、代謝も鈍くなり、解毒排泄力が低下する

そして、脚のだるさを感じている方は、そうでない方に比べ、頭痛、肩こり、不眠、イライラ、体のだるさ、胃の不調などの自律神経失調症状も3割程度多いとの報告があり、非常に興味深い。

特に男性よりも圧倒的に女性に多く、月経がある年代の女性に多いことから、私は肝血虚が大きく関係しているのでは???
と思っている。
肝血が不足すれば、肝の疏泄力が低下し、すなわち自律神経の乱れが生じやすい。
血虚があれば、心臓のポンプ力やふくらはぎの筋力も低下するために、脚がむくみやすい。

例えば、炭水化物でお腹を膨らませ、良質なタンパク質が不足していれば、筋力も低下し、運動嫌いになる。
特に麺類は痰湿を溜めやすく、排泄力が低下しやすくなる。

養生は、食事から変えてゆくことが大切。
麺類や丼ものは炭水化物加重になるため、一汁二~三菜の和定食がお勧め。
動物性タンパク質が全タンパク質の三分の一を下回らないように注意したい。
水分代謝が悪い方は、タンポポ茶とコルマータQ10やエネスポの併用がお勧め。
長時間の座りっぱなしや、立ちっぱなしは、どちらも脚に負担がかかるので、こまめに姿勢を変えたり、かかとの上げ下げ運動、散歩、ストレッチ、少し熱めの足湯なども心がけてください。