2017年11月8日水曜日

ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気

ガメ(亀虫)の大量発生と、この冬の病気

今年は、畑及び花壇にガメ(亀虫)が大量に発生しています。
強烈なニオイを放ちながら、薬局内にも紛れ込んでくるのでたまりません。
ご近所の皆様に尋ねてみますと、やはり異常にガメが多いとのこと・・・。

私達の地方では、昔からガメが多いと、その年の冬は雪が多く降り積もる・・・と言われています。
すでに、何人かのご年配の方々から、”今年は雪が多いに!”とお聞きしており、しかも、このガメ予報は外れた試しがありません。
その秘密を中医学から紐解いてみましょう。

皆さん驚かれるかもしれませんが、ガメ(亀虫)は別名、九香虫(キュウコウチュウ)と呼ばれ、動物性生薬(漢方薬)として取り扱われています。

その働きは、
1,温腎助陽、行気止痛・・・腎を温め生命力を補い、足腰の痛みをとって老化を防ぐ

2,疏肝理気、温裏止痛・・・ストレスをうまく調和し、内臓の冷えと痛みをとる
で、足腰が冷えて痛む、胃腸が冷えて食欲がない、お腹が痛い、お腹が張って苦しい、ストレスで胃が痛む・・・などの症状に需要がある漢方です。

即ち、この虫が大量発生する・・・ということは寒湿(冷えて湿気が多く雪が降り積もる気候)が強くなり、冷えと痛みの症状が多発するために、この虫が役立つ・・・ということ!!!

こちらの薬局の方剤では、大熊柳という商品名の方剤の中に、九香虫が入っています。

1,胃腸が冷えて動きが悪く、いつも胃が使えてしんどい方
2,胃腸虚弱で、痩せて体力が無い方
3,疲れで歯茎が浮いて痛む方
4,お腹がシクシクと痛む方
5,朝起きると、鼻水が止まらない方
6,足腰や胃の裏が痛む方
などに喜ばれています。
独特の香りがしますが、粒になっているので、抵抗はありませんよ♪

今年の冬は、寒く雪が多い予想なので、今から特にお腹を温める食材をとって、胃腸の働きを整えておくことと、督脈の手当てで、全身の陽の気をしっかり巡らせておくことが、この冬を乗り切るコツになります。

ポイント1・・・お腹を温める温裏食材(ニラ、ネギ、唐辛子、シナモン、胡椒、山椒、黒砂糖、マス、サケ、アジなどの魚)
を食事にとりいれましょう。
胃腸が弱い方は、朝の食事にお粥を取入れてください。

ポイント2・・・大椎(首の後ろのグリグリ)を温灸などで、しっかり温めましょう。

手首、足首を冷やさないようにしっかりガード。
家族でお互いに背筋のさすりあいをしましょう。

2017年10月5日木曜日

デトックススープのコツ



デトックススープのコツ
基本の4種類人参、玉ねぎ、キャベツ、カボチャの他に、ありあわせの野菜、キノコ、海藻、鶏ガラなどが入っても大丈夫です。
野菜の皮の部分、芯のところ、キノコのヘタの部分などに有効成分が多いので、不織紙などに入れて、具と一緒に煮出してください。
神経をリラックスさせるには、玉ねぎの鬼皮。
リンパ球を増やすには、マイタケやシメジの足の部分や、鶏ガラや骨つき肉
リンゴも皮ごと煮出して大丈夫です。
ホント、野菜は捨てるところありません。
スープは、小分けして様々な料理に利用すると便利です。
スーパーで買った野菜なので、農薬が心配と気になる方は、シッカリとアクをとれば9割がた取り除けます。
最初に1時間程度塩水に浸けておくのも方法です。
私は、野菜のガラクタ部分を、三角コーナーの不織紙袋に入れて煮込み、そのままポイと取り出します。
スープに全ての有効成分が溶け出しますので、食欲が無い方は、スープだけでも飲んで下さい。
前回も書きましたが、塩味などで味を濃くするとデトックス効果が半減しますので、味付けはスパイスなどに留めましょう。

2017年10月3日火曜日


ファイトケミカルスープで解毒習慣

朝晩肌寒くなり、温かいスープが美味しい季節になりましたね。
朝から冷たい人参ジュースや酵素ジュースが辛くなってきた方は、そろそろファイトケミカルスープに切り替えてください。

ファイトケミカルスープは、基本の4種類の野菜を水からコトコト20分ほど煎じたスープで、野菜の旨みのみでいただくスープです。
ファイトケミカルには、嬉しい4つの働きがあります。

1,活性酸素を消去する抗酸化成分を大量に含んでいる
2,様々な発がん物質を肝臓で解毒して、無毒化するし、排便力、排尿力を高める
3,リンパ球の数を増やし、活性を高めて、免疫力を強化する
4,がん細胞や異常細胞のアポトーシスを促す

その結果
1,がんと老化、血管系の病気の予防になる
2,血糖値の急上昇を防ぐ
3,コレステロールの排泄を促し、脂肪を溜め込みにくくする
4,高血圧を改善する
などの効果をもたらします。

生野菜でないと、効果がないのでは?
と心配される方・・・ファイトケミカルは、生野菜を食べても活用できません。
植物の細胞は固いセルロースでできた細胞壁で覆われており、ファイトケミカルはその中に封じ込められています。
包丁で刻んだり、ミキサーで粉砕しても壊されず、最も良い方法は一定時間の加熱です。

加熱により、9割近くのファイトケミカルがスープに飛び出します。
ファイトケミカルは、熱に安定で、野菜の抗酸化作用は、生よりもゆで汁が強いと言われています。
温かいスープでほっこりと温まってください。

作り方
1,材料・・・人参、キャベツ、玉葱、かぼちゃを各100グラム
2,野菜を食べやすい大きさに刻み、鍋に入れて、ひたひたに被る程度の水を入れて、沸騰させる
3,沸騰したら、アクをすくい、弱火にして20分ほど煎じて出来上がり

注意ポイント
1,塩気で味付けると、解毒効果が弱まるので、野菜の旨みでいただきます・・・スパイス類で味に変化を持たせるのはOK
2,基本の野菜に、セロリ、トマト、ショウガ、ブロッコリー、大根、切り干し大根、干し椎茸、乾燥ワカメ、などをお好みでプラスしてもOK、豆腐や豆、魚介類を入れて、おかずスープにしてもOK
3,ポタージュにしてもOK,具を食べられない方はスープのみでも効果アリ
4,食前に200CCほど頂いてから、普通の食事をとる
5,まずは、連続して3日間トライしてみてください・・・驚くほど体が楽になりますヨ♪

2017年9月29日金曜日

気になる口臭は唾液で解決

気になる口臭は唾液で解決

口臭って、やはり気になりますよね!
自分では気がつかないうちに、周りの人に嫌な思いをさせているかも・・・しかも誰もそれを指摘してくれない!

口臭は、いつでもあるわけではなく、条件が重なることで発症しやすいこと・・・ご存じでしたか???
歯槽膿漏などの歯周病がある、喉に化膿や炎症がある、胃の病気がある・・・などでなくても、ニオイが出てくるものに、生理的口臭があります。

具体的には、起床時、空腹時、緊張時、寝不足、過労時・・・このようなとき、共通して言えるのは、唾液の分泌が減少していることです。

唾液は、口腔内を潤して自浄作用を保ち、悪玉菌の勢いを抑えています。
ですので、疲れや寝不足、ストレスの連続で、交感神経が過剰な状態が続くと、唾液の分泌が低下して、口内環境が乱れてしまいます。

また、同様に月経前、妊娠中、更年期などの時期も、体に熱を持ちやすく、唾液の分泌量が減って口臭が気になりやすくなります。

唾液の分泌量が減ると、口臭ガスの原因となる揮発性硫黄化合物(硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなど)を発する悪玉菌が口内に増えてきます。
糖質や過酸化脂質(悪いアブラ)は、粘膜の酸化と炎症を助長する他、悪玉菌を繁殖させるエサにもなるので、要注意です。

気になる口臭がしているかどうか?は、自分の唾液のニオイをかぐとわかります。
指をペロッと舐めてみて、それが臭えば口臭アリです。

さてそれでは、気になる口臭対策をいくつかご紹介します。

1,緊張やストレスを持続させない
2,口を空いて眠らない
3,睡眠は解毒の王様!!!
4,夕食を摂りすぎず、胃腸を空にして眠る(胃腸も休めてあげる)
5,空腹時にガムを噛んで、唾液を出す

口臭対策アイテム

1,デンタルマスティック(45グラム、1944円)・・・悪玉菌の繁殖を防ぐ歯磨き
2,腸活1,2兆(30包、4150円)・・・口で溶かして、口腔内環境を整える乳酸菌
3,通竅(180粒、8424円)・・・粘膜を丈夫にし、免疫力をあげる
4,核酸DNAリペアル(180粒、5400円)・・・酸化によって傷ついた粘膜の修復を高める
5,グリーンピュアレ(180袋、19440円)・・・口腔内、消化管粘膜の炎症を防ぐ
6,鬼菊(180粒、7020円)・・・胃酸過多による炎症を防ぐ
お悩みの口臭の原因に応じて、アドバイスさせていただきます♪

2017年9月13日水曜日

秋の胃腸

秋の胃腸

秋口の体調不良の1つに胃腸疾患があります。
胃、十二指腸潰瘍や胃炎、逆流性食道炎の持病を持たれる方は、9~10月は年間を通じて最も再発しやすい季節です。

これは、夏場に冷たいものを摂りすぎて、胃の温度が10度近く低下することが度々続くことにより、消化管の血流が低下し、運動が妨げられる・・・胃が重たい、消化管の停滞によりガスが発生し、詰まった感じがする。
血流低下により、粘膜の修復機能が衰え、慢性炎症を起こし易い。

また、秋口には、胃酸の分泌が盛んになり、夏場に食べられなかったような、こってりしたもの、脂質、揚げ物、濃い味付けのものなどを多食しがちです。
これがまた、ガストリンというホルモンを増やし、胃酸の分泌を増加させます。
過剰な胃酸分泌は、逆流性食道炎を起こしたり、消化管粘膜に慢性炎症を起こします。

ビールと唐揚げ、餃子などは特に要注意です!!!

この季節の胃腸の元気を保つためには、食べ過ぎを防ぎ、腹七分ほどに留めることが大切です。
胃もたれしているようなときは、玄米粥に梅干、そして大根おろしを添えるなどがお勧めです。
また、納豆、山芋、長芋、おくら、なめこ、めかぶ、もずくなどのネバネバ食品が、粘膜の潤いを補い、炎症を鎮めます。

漢方薬では、鬼菊(清胃草)という薬草が、胃腸の血流を高め、老廃物を解毒し、胃粘膜の炎症を鎮める働きがあります。
胃炎や逆流性食道炎をはじめ、頑固な便秘、慢性肝炎などにも使える処方です。

コレと同時に、粘膜の免疫を高めるために、発酵食品をしっかり摂ってください。
万寿酵素や、腸活生、腸活1,2兆などの乳酸菌製剤も有効です。

-------------------------------------------------------------------------------------

2017年8月8日火曜日

督脈病

督脈病

督脈とは、背部背筋に沿った経絡で、陰陽12の経絡を通じさせ、外邪から身を守る働きがあります。
また、体を温め生命力を養う、上半身を下半身の気の巡りを正常化させる(心腎交通)、髄海を満たし脳を養うなどの重要な働きを持っています。

暑さ寒さの気温の変化が激しい、湿度が高い、気圧の変化が激しい・・・等、自律神経が大きく揺さぶられる環境に対応するのが督脈ですが、督脈が冷えて湿を帯びていると、環境ストレスに対応出来ず、様々な不具合が生じます。

1,運動器のトラブルが起こりやすい
頭痛、手足が痺れる、リウマチ、足腰、膝、関節の痛みが現れる

2,精神神経的なトラブルが起こりやすい
パニック発作を起こす、鬱病、気持ちが沈む、疲れやすい、不眠、朝がスッキリしない、頭が重く集中力に欠ける

3,脳のトラブルを起こしやすい
脳梗塞、パーキンソン病、認知症、物忘れ、アルツハイマー

4,自律神経的なトラブルを起こしやすい
眩暈、後頭部がモヤッとする不快感、フワフワ感、頭の詰まり、突然嫌な汗をかく、のぼせる、動悸、息苦しい、吐き気、下痢、便秘、足の冷え、むくみ等

5,免疫力が低下する
発ガン、リンパ球の低下、貧血、腫瘍マーカーがなかなか下がらない等

督脈病は、督脈が冷えや湿気で詰まり、流れが悪くなっている状態です。
ですので、その部分を温め、流れをよくし、湿を取り除いて邪を排泄する(温陽利湿活血、?風活絡止痛)ことで、上記全ての病状の回復につながります。

★松康泉で督脈を温め、タンポポ茶で湿を利水し、ショウキ温灸器で大椎を温めましょう!!!

2017年7月21日金曜日

梅雨明け10日は、熱中症に最も注意!!!

梅雨明け10日は、熱中症に最も注意!!!

例年より2日程早く、広い範囲で梅雨が明けました。
雨が降り足りないところもあるし、大雨の災害が出た地域もあり、どちらにしても尋常ではない気候です。

梅雨明け10日は、最も暑く湿気も多い日が続く時期と言われています。
すぐ近所まで、歩いて買い物に出ただけなのに、動悸や息切れがした・・・。
何だかクラクラッと眩暈みたいなのが来た!!!
と言われる方が、例年より増えており、これこそが熱中症のイエローカードです。

これは、クーラーで冷えた屋内から、暑い外に出たときに急激に起こりやすい症状で、寝不足、過労、血虚傾向(動物性のタンパク質の不足、あっさりした冷や麦などの食事で胃液が薄められている)のある方に起こりやすいです。

暑さのために、体に熱が籠もり、それを放熱しようとして末梢血管は拡張しています。

すると、心臓、肺、脳、消化管などの血流は不足するため、動悸、息切れ、めまい、食欲不振などの症状が出てきます。
こんな方は、コルマータQ10(心臓に多い補酵素+高麗紅参)で、心臓のポンプ力を強め、内臓への血液循環を回復させてください。

そして、この時期は寝不足や過労は禁物です。
できればお昼寝も30分程度していただきたいです。
玄米菜食等をされている方も、血が不足すると熱中症を起こしやすくなるので、白身の魚、イカ、タコ、ささみなどの良質の動物性タンパクを取入れてください。
貧血気味の方は、たまにはウナギや焼き肉で補血してくださいね。